英語上達のひみつ

英語上達のひみつ

たった1ヶ月で、子供が英語話し始める!
では、何故これだけの短期間で多くの子供たちが英語を話せるようになってしまったのでしょうか。

実は、子供が話すような簡単な英会話は、「あるポイント」を抑えて教えてあげれば、 ほとんどの場合、1ヶ月〜3ヶ月程度で英語を話し始めるようになってしまうのです。

そのポイントとは・・・

こんな風に悩んでいませんか?
  • 悩み①英会話は学ばせたいが、何から始めれば良いのかわからない。
  • 悩み②英語の絵本読み聞かせが良いと聞いたが、英語の発音が上手く出来ないので不安
  • 悩み③そもそも自分が全く 英語を話せないので子供に何も教えられない

「小さいうちから英語に慣れ親しんで欲しい」
「英語が得意なバイリンガルになって欲しい」
「将来海外で活躍する人間になって欲しい」

と、早いうちから子供に英語教育をする必要性をほとんどの親が感じています。

しかし、子供に英語を学ばせたいと思っている一方で、悩みを持った方が非常に多いのも事実です。

ひらがなやカタカナの読み書きはもちろん、絵本の読み聞かせや足し算引き算も教えてるけど英語だけはどうやって学ばせば良いのかわからない。

もしあなたも、そんな風に悩んでいるのでしたら、一つだけお伝えしたいことがあります。

あなたが英語を話せる必要は全くありません。
英語が話せる子供を育てるのに、あなたが英語を話せるかどうかは全く関係ないのです。

なぜなら、子供はあなたから英語を学ぶのではなく、英語を学ぶ環境に置いてやれば、その環境から勝手に英語を吸収していくからです。

あなたがすべきなのは、「あなたが英語を教える」 ことではなく、「子供が英語を学べる環境」 を作ってあげることなのです。

子供は「語学の天才」だと言われています。

大人のように難しい文法の勉強をしたり、英単語を苦労して覚えたり、複雑な英語をわざわざ日本語に訳して理解したりする必要はないのです。

全ての子供達が持っている「語学の才能」を引き出してあげるだけで、子供は驚くほどの短期間で、自然と英語を話し始めてしまうのです。

自分の子供の「語学の才能」を信じてあげてください。

事実、七田式の教室には「全く英語が話せない両親」の元で育ちながら、何の苦労もなく英語を話す「バイリンガル・キッズ」たちが数多く誕生しています。

あなたのお子さんが持っている「2つの英語のスイッチ」を入れてあげるだけ。
全ての子供が持っている「語学の才能」を引きだすには、できるだけ早いタイミングで「2つの英語のスイッチ」を入れてあげることなのです。

飽きて嫌がっている子供に英語CDを聞かせ続けたり、自分の発音に自信がないのに頑張って英語の絵本を読み聞かせたり、無理やりアルファベットや単語を覚えさせようとしなくて良いのです。

「英語を教える」のではなく、どんな子供でも必ず持っている「英語のスイッチ」を入れてあげるだけ。

たったそれだけで良いのです。

私たちは、その英語のスイッチを【バイリンガル・スイッチ】と呼んでいます。

親が【バイリンガル・スイッチ】を入れると、子供達は自然と英語が好きになり、英会話を理解するようになります。

子どもが自然に英語を話しだすバイリンガルスイッチ1
もしかしてあなたは、こんな風に考えていませんか?

「子供だし最初は意味もわからないだろうから、 ゆっくりで簡単な英語を聴かせよう」

もしこんな風に考えているとしたら、 大きな間違いです。

実は、子供は日本語と英語の区別が付いていません。

「これは日本語、これは英語」として聴いてるのではなく、 聞こえてくるものを単なる「音」として認識して、 記憶して、口にしているだけなのです。

え?単語は確かに聞いたまま覚えるかもしれないけど、フレーズだと文法もわからないし無理じゃないの?

そう考えるかもしれませんが、それも大きな間違いです。

そもそも、子供は日本語の文法を正しく理解しているでしょうか?適切な場面で、文法を意識して日本語を正しく構成して話しているでしょうか。
そうではありませんよね。

子供たちは、正しい文法なんて全く考えずに、なんとなくフレーズごと口に出しているだけのはずです。

「こういう時はこう言うんだろうな」

という程度の認識で、覚えた短いフレーズを丸ごと口から出しているだけなのです。

そしてそれは、英語でも全く同じです。

子供は単語だろうがフレーズだろうが、文法なんて意識せず、聴いたものをそのまま「音」として記憶してしまいます。

そして、覚えたその音を、そのまま口から出しているだけなのです。

ですから、ゆっくりで簡単な英語ではなく、普通の英会話フレーズをそのまま聴かせることで、子供は「音」として英語を大量にインプットしていくのです。

これが1つ目の【バイリンガル・スイッチ】である「フレーズ単位のインプット」の法則です。

そして事実、このスイッチを入れることで、多くの子供が自然と英語を理解できるようになっています。

子どもが自然に英語を話しだすバイリンガルスイッチ2
フレーズ単位で英語を聴かせてあげると、子供は自然にフレーズ単位の英語を理解できるようになっていきます。

しかし、それだけでは不完全です。

「語学の天才」である子供は、英語を聴いたまま音として理解するのですが、 そのままではすぐに忘れてしまいます。

それを何度も聴いて、口に出してしっかり覚えることで、 英会話フレーズが体に染み込み、脳の奥深くまで定着していきます。
たくさんの英会話フレーズを そのように脳の奥深くまでインプットしてあげると、 親が何も言わなくても子供が口から出したくなってきます。

ある日突然、子供の口から英語が飛び出してくるのです。

英会話フレーズを母国語のように脳の深くまでインプットさせる七田式のバイリンガル・メソッド
しかし、子供に英語フレーズを身につけると言っても、自然と口から出てくるようになるまで覚えさせるのは簡単なことではないと思うかもしれません。

もちろん、一日中ずっと英語のCDを聴かせ続けたり、嫌がる子供に無理やり何度も英語を言わせたりすれば 英語自体が嫌いな子供になってしまいます。

しちだ教育研究所は、どうすれば子供が英会話フレーズをできるだけ簡単に覚えて英語を話せるようになっていくのか、39万人の子供達と共に試行錯誤してきました。

そして45年という年月をかけて研究開発してきた結果、子供が短期間に英会話フレーズを大量記憶して、自然と英語を話しだすようになる「バイリンガル・メソッド」の開発に成功しました。

現在も全世界13カ国で4万人の子供達が学んでいる七田式のメソッドは、国際学士院の世界知的財産登録協議会から最優秀理論・世界知的財産として登録されるほどになっています。

その全世界で認められた記憶メソッドで、子供が英会話フレーズを簡単に身につけることができるよう開発されたのが「7+BILINGUAL」です。

「7+BILINGUAL」の「バイリンガル・メソッド」を使えば、あなたの子供も短期間で大量の英会話フレーズを身に付け、いつの間にか英語を話し始めるようになります。

あなたは「7+BILINGUAL」のCDを聴かせて、子供の「バイリンガル・スイッチ」を入れてあげるだけで良いのです。